超言理論

特に益もない日記である

Diary

9/10-12 Oriental COCOSDAで発表してきた。

9月10~12日の17th Oriental COCOSDAに参加してきた。日本語の言い換え資源の効率的な構築方法として、対訳コーパスに対して事前並び替えとピボット法を利用して助詞・助動詞を含むフレーズの言い換えを抽出する。 研究のミソとしては、日英のアライメントで…

9/3-5 秋季音響学会で発表してきた。

9月3~5日の2014年秋季研究発表会に参加した。去年くらいから、企業との共同研究で音声対話システムの快適度に着目した対話制御と推定モデルに関する研究をやっていて、とりあえず基本となるモデルが出来上がったのでその発表をする。 人間と対話システムと…

物事は地道に進めるのが吉

言語処理学会若手の会のお手伝いをしているんだけど、教員から「どうせ(プログラム委員で必ず)行くなら、発表したほうがいい」と言われ、自分が開催する側の会に自分で発表申し込みをした。 申し込みをしたときは、なんか自演乙っぽいなー、くらいしか考え…

夏は休む

7月そこそこ頑張ったので、8月にまとまった休みがとれた。 といっても、休まないことを強要されるわけではないので、別にいつでも休めるのだが。自分の研究以外の、どちらかと言えば趣味の領分のもろもろを進める。 前の記事で書いたサービスをまともに稼働…

仕事が失敗した話を書く

タイトル通りなんだけど、ちょっと前からWebサービスを作ってみたくて、ちょこちょこ作っていた時に起きた問題についてメモしておく。 多分自分以外が読んでも特に利益なことや学ぶことはなくて、ただ単に自分が次に誰かと仕事をするときに思い返すためだけ…

原稿

原稿を落とした 研究を見直すタイミングは色いろあるんだけど、多分一番多いのは原稿を書く時だと思う。 今回は、というか、失敗するたびいい機会だと思って諦めるしかない。 といっても、原稿もデータも何もかも、次回に利用可能な資源なので不利益なことは…

消化

20日くらい日記書いてなかった。ここ2,3年で、実は自分の身の回りにいろんなことが起きたんだけど、だいぶ消化できたと思うので少しづつ書いていこうと思う。

書きたい時が書き時

毎日日記を書くのが苦痛なので、やっぱり書きたい日だけ書く。 タスクの息抜きで日記を書いていたはずなのに、どうでもいい日記を書くのが苦痛になっているようではあんまり意味が無い。 どうにも7月に予定が詰まっていて、月の頭から作業を要する。ただ、7…

(25日)面倒くさくなったら逃げよう

健康診断があったんだけど、どうしても面倒くさかったので参加しなかった。 別に学校の健康診断は期日中に受けなくても、必要最低限のことは保健センターに行くとやってくれるのでよい。(これを頼りにするのはいかがなものかと思うが) 研究そこそこに、さ…

色々できるのが学生の特権

他大学の学生と共同研究を開始するために打ち合わせをする。 もともと自分の居た大学の学生との共同研究なので、(居たのはたったの二年だけど)出来る限り恩返しできるように頑張る。 といっても、自分がやることはそんなに難しくないので、出来る限りその…

マルチタスクをこなせるかどうかが修士博士の鍵

月曜日は午前から研究室のゼミが入っているので学校へ行く。 ここ最近のゼミはM2の学生が研究状況について発表するのだけど、そろそろ修論を見据えての発表(あと、関西合同音声ゼミという発表イベントもこの時期にある)になるので、みんなどこが新規性だと…

(22日)土日はしっかりオフの日にするべき

今日の日記だ!!と言おうと思ったらもう既に日付が変わっていた。5月の末に「土日は作業をしないべきだ」と言ったけど、全く持ってそのとおりだと思うので、学校へ来て漫画を読んでカレーを作って日記を書く。 実のない日記を書く意味は(以下略、1日ぶり2…

(21日)毎日日記を書くのはなにか意味があるんだろうか

過去にさかのぼって日記を書いてきたんだけど、これあんな実のない毎日の記録をつける意味はあるんだろうか。まぁ、いいか。土曜日なので月に一回の矯正治療に行く。 大人になってから矯正治療をするのは悪手らしいんだけど、色々理由があって今やっている。…

(20日)一週間前行動できるようになりたい

20日締め切りの原稿を用意するものの、結局締め切りが伸びたのでもう少し内容を書き足す。 今回は締め切りが延びて大変助かった(他の作業の締め切り等が被っていたので)。以前、先生が「締め切りを守るために、締め切りの一週間前に締め切りがあることにし…

(18日)忙しいを言い訳にしているうちは三流

なんかタイトルと似たようなエントリは沢山ありそうだ(特にはてなには)。 忙しいを言い訳にしないようにしよう、みたいなことを書くつもりはなくて、単純に自分が最近忙しいを言い訳にしているのでIntrospectionするだけ。 「忙しい」を言い訳にしているう…

(19日)さくらVPSを借りた

前々から借りようと思っていたさくらVPSサービスを契約する。 5月くらいに一度契約しようとしたんだけど、ちょっとクレジットカードの上限が来ていてできなかった*1。 さくらVPSで何をどうやったかみたいなのは、またさくらVPSに慣れたらメモ代わりに記録を…

書くことないけど

日記を書くね。今日(火曜日)は次に出す国際会議の原稿を走り書きして、とりあえず投げる。 昨日のミーティングで原稿を書く方針が変わったせいで、ちょっと足りなかったり意味のない節が目立つが、一旦投げて自分の頭の中を整理したいというのと、それより…

人生の成果

土日は仕事とかしないって5月末に宣言したのに、結局原稿書くために学校に来てる。 で、素面ではまともに書ける状態ではないのでアンフェア見て、適当にキーボードをたたく。 アンフェアの感想はまた全部見終わったら一言だけ書く。 で、今書いている原稿な…

書かない日記は日記か

と言いながら、まったくもって毎日書く気がない。 なんかどうでもいいこと書いていい雰囲気を(自分の日記、というかチラシの裏なのに)感じない。 誰かのせいだとかではなくて、きっとこれは自分の性で、基本的に自分の身の回りで起きたこと、自分自身のこと…

お金は使うためにあると思うんだけど

自分がお金を稼いでないとなかなか使うのを躊躇うよね。不労所得が欲しくてWebアプリ作ったりしてるんだけど、まーそんなに上手くいかない。 ひと月数百円なので、一年かかってやっと買い物に使える。ということで、去年そこそこ頑張った自分へのご褒美にハ…

GW

GWなので、前半は九州まで行ってきた。後半は「白ゆき姫殺人事件」と「相棒-劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」を見てきた。 どっちもそこそこ面白かった。 白ゆき姫殺人事件は小説の方が面白いかもしれない。白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)作者: …

いつの間にか

もう4月です。修士で思ったこととか、色々あるんだけど、何となくまだ書く気になれないのでしまっておきます。

必要かどうかは後で考えよう

「自分のブログとかに記事を書いてると、『本当にこの情報を必要としてる人が自分の他にいるのかよ』と思うよね」と言ったら、「『情報が本当に必要か』とは別に、『誰が書いたか』とか、そういうのも重要だと思うよ」と言われた。 超解釈すると、「情報その…

はてなブログおみくじ2014

はてなブログおみくじ2014ちなみに辻占は「噂高し」でした。

片付ける

先週くらいからちょっと体調を崩し、38.5度の熱と全身の痛みに悩まされた。 体調を崩していても無情に時間は進むので、仕方なく、休み休み共同研究の資料を作る。 こういうとき、グループが(主に学生が)複数人ならリカバリできる人が居て良いな、と思うの…

修論の時期だが

だ‐が [接]前に述べた事柄と反対・対立の関係の内容を述べるのに用いる語。そうではあるが。けれど。だけど。「失敗した。―有意義な経験だった」 だが[接]の意味 - 国語辞書 - goo辞書全くかける気がしない。 たぶんこれは私のことを知っている人が見た…

2013年、大学院・寮生が買ってよかったもの

色々あって今年は割と買い物をした。 特に寮生活で役に立ったものとかリストアップしようと思う。 iPad iPad (Retinaディスプレイモデル 第3世代) 64GB Wi-Fiモデル ブラック MC707J/A出版社/メーカー: アップルメディア: エレクトロニクス購入: 1人 クリッ…

若輩が後輩を育てるためにはどうすればよいか

*1自分の研究室では、基本的にM1は春にミニプロジェクト(教授からテーマも手法もふってくる小さな研究プロジェクト)をやって、夏にインターンシップ(企業や研究所への一か月の職業体験)をやって、秋から自分の研究を進める。 学校のカリキュラムでは秋に…

「怒る」ことの難しさについて

そろそろM2は修論を書く時期で、研究室の運営や各研究班での仕事を後輩に引き継ぎ、自分の研究に専念するようになる。 私のいる研究室は、特に学生室やゼミ室の運用については学生主体で、先生もあまり口を出さずにやっている。 当然、こういう運営に関する…

「見られている」ように行動し、「見られていない」ように考えられるようになりたい

日々の行動は誰かに見られている。日常的な所々の動作がその人の評価になり、その人自身になる。 マザー・テレサもこんなことを言っている。 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。 行動…


Copyright © 2012-2016 Masahiro MIZUKAMI All Rights Reserved.