読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超言理論

特に益もない日記である

How to use? ”Twitter” !

私の思ってることの軽いまとめです。
"決してTwitterはこの使い方をしなければだめです!"という記事ではありませんので
Tweetする内容はいくつかに分けられると思います。

報告します(I report now.)

今なにしてる?に準じたこと。
あなたのやっていることを報告することで、「私もご一緒したい」や「それはいい習慣ですね!」または「それをするなら○○がお勧めですよ」や「それをするくらいなら○○をやったほうがいいのでは?」といった趣味や習慣を共有できる仲間を発見したり、よりよい方法を見つけることができるかもしれません。

主張します(I insist to you now. )

行動以外の今なにしてる?に準じたことだと考えています。
あなたが今何を思っているのかを主張することで、その意見に対する評価を得ることができるかもしれません。
またあなたの主張に協賛しfollowを行う人間があらわれる場合もあります。
逆にあなたの主張を受け入れられずremoveしたり、followをとどまる人間も出る場合があります。

面白いことを言います(I say an interesting word now.)

文字通りの意味で、"面白いこと"を言います。140字なんて一言ですよね。ひとこと。
user experienceはとても重要です。
あなたが面白い一言をいう事によってあなたの発言をReTweetする人があらわれ、あなたの友好関係がより幅広くなる可能性があります。
しかし面白いことには趣味や嗜好が絡むので、あなたの一言がときに面白くない一言になってしまう可能性もあるので注意してください。

誘導します(I introduce you to something now.)

URLやキーワードと共に他人に何かを紹介する場合です。
インターネットと情報の特性上、新しい情報ほど紹介したときの価値が大きいです。逆に、古い情報や不要な情報を紹介した場合の価値はとても小さいかもしくはマイナスでしょう。
ニュースサイトやまとめサイトもいいですが、2ちゃんねるなど盛り上がっているスレッドへの誘導は誘導先にも閲覧者にも非常に価値のあるものだといえます。

お答えします(I answer to your question now.)

リアルタイムで動くTimelineとReplyは対話型の特性を持っています。
そのため、Yahoo!知恵袋などとはことなった試行錯誤可能でかつ早急な問題解決ができるでしょう。
誰かの質問や問題を解決することで、解決した相手とそのやり取りを見ていた人たちにとって大きな利益を生み出すでしょう。
もしかすると最も数多い内容のうちの一つかもしれません、今でも24時間どこかでBOTが明日の天気をTweetしています。

宣伝します(I advertise something for you now.)

企業が一番力を入れていること、だと思います。
タイミングよく宣伝を行うことはテレビCMやWeb広告以上の成果を出します。
特にReTweetをうまく利用した宣伝にはとても大きな効果があるといえるでしょう。ですが、これも宣伝のしすぎ(過剰反応)やURL付加によるあからさまな内容は嫌われる傾向にあるようです。
タイミングと内容、またいかにしてアカウントのfollowerを増やすか、どう効率的に内容を伝播させるか、など多くの問題点があるようです。


上記6種類のTweetTwitterが構成されています…と思った時期が私にもありました。
Twitterの"今なにしてる?"に準じたTweetをする方は既にあまりいらっしゃらないようです。

Twitterのすべてもしくはほとんどがお金や情報や何らかの価値に結びつくサービスだと思っていました、いいえ今も思っています。
もう少し考えようか私。


Copyright © 2012-2016 Masahiro MIZUKAMI All Rights Reserved.