読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超言理論

特に益もない日記である

言葉も無い

 ただ自分が思っていることを、自分が読める形にしたいだけなのに、全く"それ"がどんなものなのか分からなくて、形にならなくて、書き連ねては消すうちになにを思っていたのか忘れてしまう、そんなことがたくさんある。

 たとえば、後輩に言いたかったこととか、大学にきて思ったこととか、一人暮らしして感じることとか、あったはずなのに、いつの間にか形無く蒸発して、空気のように自分の生活に纏わりついて不自由な息苦しさを感じているようで

 なにより、それでも別に良いかもしれないと思ってる自分が居ることに、驚きがあって、言葉がない。


Copyright © 2012-2016 Masahiro MIZUKAMI All Rights Reserved.