読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超言理論

特に益もない日記である

Hello! TwitterBOT

きっかけ

 Twitterで動く人工知能を作ろうと思って幾年月。足りない頭をいろいろこねくり回して
一時はこんなのとかあんなことなんて発言する頭の悪い子が動いていた時期もあったけれど
高専の卒研室のサーバ上で動いていた初代Yorihimeはボクの卒業と共に凍結状態になりました。

作り直したい

 一つは「ダウンロードして実行するアプリケーションなんてなんかダサい」と言う雰囲気。
そこまで行かなくてもウェブ上で動くプログラムを一度は作って見たいという思い。
あと高専の時に触れなかったjavaに触れてみたいというのも一つ。
 もう一つは「大学ってやることない」と言うところ。
全くないとは言わないけれど、自分のやることは自分で見つけないといけない、自分のやりたいことは自分でやらないといけない。
ただ単位を取るために学校と家を往復していても(といってもボクは授業にそんなに行ってないんですけど)ダメなんだという実感。

作業

陽昇れども地の底に光届かずさんのJava Programmingを参考にGoogle App EngineとTwitter4Jを利用したTwitterBotを作ることに。
今回も形態素解析Yahoo!デベロッパーネットワークの日本語形態素解析さんを利用したり、先代Yorihimeの文章生成ルールを踏襲してみたり色々。

経過

ここ2~3日、陽昇れども地の底に光届かずさんの丸パクリ内容を参考に、oAuth認証や投稿、タイムライン取得、follow制御とデータストア上でのデータの制御云々を作って見た。
あとは文章解析と文章生成を実装して一旦完成だろうか。

終わりに

プログラミングって楽しいね。誰かに自分の実力を認めさせるために必死になって課題をこなしたりもしたけれど、結局のところボクを満足させるのはボク以外の何物でもないのだよな。


Copyright © 2012-2016 Masahiro MIZUKAMI All Rights Reserved.