読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超言理論

特に益もない日記である

VMwareFusion上のWindows7でスクリーンショットを撮る

VMware上でWindowsを動かしてるんだけど、スクリーンショットの取り方がよくわからない!!!というとき

手段はいくつかあって

  1. Macの機能でスクリーンショットを撮る(Command+Shift+4など)
  2. Winの機能でスクリーンショットを撮る(PrintScreenなど)

どっちでもいいんですけど、それぞれMacで撮ればMac側のデスクトップに、Winで撮ればWin側のデスクトップにスクリーンショットが入ります。
でもWinのスクリーンショットMacみたいに「範囲を指定してスクリーンショット」とかって出来ないの?というとき、便利なのが"SnappingTool"というやつ。Windows7あたりからデフォルトで入っているソフトで、自由図形、四角、ウィンドウ単位、全画面と4種類の設定で画面を切り出し、更にそのまま編集まで出来てしまうスグレもの。

f:id:merry_san:20120706164701p:plain

"New"ってやつを押すと周りの画面がちょっと白っぽくなってポインタが出ます。
あとは好きに選んで、編集して保存するだけ。ベンリダネ!




べ、べつにMacのどのキーにPrintscreenが割り当てられてるのかとか調べるのめんどくさかったわけじゃないんだからね!


Copyright © 2012-2016 Masahiro MIZUKAMI All Rights Reserved.